fbpx

募集中

佐野市土地付太陽光ファンド1号

『メガ発ファンドオープン記念』キャンペーンファンド

  • 目標年間利回り(税引前)

    7.56%

  • 運用期間

    19年7ヶ月

  • 申込単位

    1口50万円

運用期間 2020/9/1~2040/3/30
募集金額 \60,000,000
  • ファンド概要・仕組み
  • 発電所情報
  • リスク・
    手数料等
  • 年次計画・
    分配シミュレーション
  • 営業者情報

ファンド概要

匿名組合契約名称 佐野市土地付太陽光ファンド1号
営業者 合同会社再エネファンドA
募集取扱業者 株式会社フィンテックエナジー
アセットマネジメント業者 株式会社エナジーリンクス
募集期間 2020/6/1~2020/8/20
募集金額 60,000,000円
申込単位 1口50万円
目標年間利回り 7.56%(税引前)
運用期間 19年7ヶ月
分配 年1回
補償 保険加入
お申込み方法 資料請求後、当ファンドの匿名組合契約書、必要書類を当社までご郵送ください。

仕組み

発電所情報

設置場所 栃木県佐野市戸奈良町
事業地
設備容量 215.512kW
売電単価 24円/kWh
年間平均日射量 3.77kWh/㎡

モジュール情報

メーカー サニックス
パネル総容量 215.512kW
型式 SRM316P-72N
最大出力 316W
変換効率 15.8%
出力保証 25年
製品保証 10年

パワーコンディショナー情報

メーカー 田淵電気、サニックス
パワコン総容量 49.5kW×3=148.5kW
型式 EPU-T99P5-SFL
SPSS-55B-SN
変換効率 93.5%
製品保証 10年

自然災害補償

引受保険会社 東京海上日動火災保険株式会社
対象 太陽電池モジュール
・パワーコンディショナ
・接続ユニット
・架台
保険金が支払われる主な事故 1)火災
2)落雷
3)破裂または爆発
4)風災
5)ひょう災または雪災
6)台風、暴風雨、豪雨等による洪水、融雪洪水、高潮、土砂崩れ、落石等の水災
7)建物外部からの物体の落下、飛来、衝突または倒壊。ただし、雨、雪、あられ、砂塵、粉塵、煤煙その他これらのに類するものの落下もしくは、飛来、土砂崩れまただ上記4)から6)までの事故に損害を除きます。
8)盗難


※地震、津波による損害は補償されません。

リスクについて

本匿名組合への出資に関しての主なリスクは下記の通りです。
ただし、以下はすべてのリスクを網羅したものではなく、各出資者は、自らの責任において、必要に応じ税理士等の専門家に相談するなどして、慎重に検討した上で投資判断を行ってください。

本匿名組合は、営業者が実施する太陽光発電事業への投資を行います。したがって、太陽光発電事業を行う合同会社再エネファンドAの業務又は財産の状況の変化を直接の原因として、出資の一部又は全部を回収できないおそれがあります。

また、営業者が実施する太陽光発電事業に用いる太陽光発電設備を供給する施設開発事業者(株式会社カツテック)、本匿名組合の私募の取扱いを行う募集取扱業者(株式会社フィンテックエナジー)、営業者が実施する太陽光発電事業のアセットマネジメント業務を担うアセットマネジメント業者(株式会社エナジーリンクス)等営業者が実施する太陽光発電事業に関与する重要関係法人の業務又は財産の状況の変化が営業者による太陽光発電事業の業務運営に間接的な影響を与えた結果、太陽光発電事業の業務運営に支障をきたした場合、太陽光発電事業が年次計画通りに実施されず、出資の一部又は全部を回収できないおそれがあります。

リスク一覧表

本事業の構造に含まれるリスク

収入及び収益の減少
  • 日照時間及び日射量等の変動等
  • 電力会社等の電力購入条件の変動・一時的な制約
費用の増大
  • 修繕・補修費用の変動
収益率の減少につながる変動要素
  • 追加借入金の発生可能性(※本匿名組合では借入は予定しておりません。)

一般的な不測事態リスク

突発的な多額出資又は債務
  • 大災害の発生可能性
  • 非常事態発生時の停電等による売電不可能性及び損害賠償の発生可能性
営業者・施設開発事業者・募集取扱業者及び重要関係法人の状況悪化
  • 財務の破綻及び倒産の可能性
  • 経営判断の悪化の可能性
法規制の変化
  • 本事業に関する税制等の法規制の変化の可能性
  • 税務当局との見解相違等による更生処分の可能性

他の一般的有価証券と比しての出資者立場の制限

出資金の流動性
  • 中途解約及び一部払い戻しができないこと、流通市場のないこと、売買の相手を見つけることが困難であること、売買の機会がないので換金性が低いこと
投資運用への影響力
  • 投資や運用判断等に関与できないこと

手数料など出資者が負担する費用

振込手数料 出資者による合同会社再エネファンドA匿名組合ファンド口座への出資金のお振込及び営業者による分配金の支払いにおける振込手数料を出資者にご負担いただきます。
申込手数料 本匿名組合契約の締結に係る申込み手数料として、お一人様5,500円(消費税込)をお支払いただきます。
金額は、出資口数により増減することはありません。
また、追加出資等の際に、重ねて申込手数料をいただくことはありません。
なお、申込手数料は、合同会社再エネファンドA匿名組合ファンド口座から募集取扱業者である株式会社フィンテックエナジーに全額支払われます。

※振込手数料については、金融機関により相違・変動するものであり、事前に料率等を示すことができません。

年次計画

佐野市土地付き太陽光投資ファンド1号の年次計画は以下の通りです。ただし、営業者は、本匿名組合事業の売上金額として、本年次計画の売上金額を保証するものではなく、匿名組合員に対し、分配金額を保証するものでもありません。

年次計画上の売上等について
本匿名組合事業は、太陽光発電設備による売電事業です。太陽光発電設備を設置又は取得し、当該設備において発電されたエネルギーを『再生可能エネルギーの固定価格買取制度』を用いて電力会社へ売電する事業をおこないます。得られた事業収益とキャッシュフローから出資者へ分配を実施します。年次計画上の収入、費用及び利益は以下の通りです。
①事業収入 ②事業費用 ①-②事業利益
124,629,000円 92,496,000円 32,134,000円
※1 数値は千円未満を四捨五入しています。
※2 事業収入には、消費税の還付金及び消費税分が含まれています。
※3 事業収入には売電収益、事業費用には、火災保険料、事務管理委託費用、アセットマネジメント報酬、モニタリング報酬、発電所設備の運営管理費用、固定資産税(設備償却資産税)、減価償却費等の合計を記載しています。
※4 売電収入は営業者である合同会社再エネファンドAが受け取ります。
※5 事業収入は保証されるものではありません。
※6 事業費用は現時点での概算であり、実際の金額と差異が生じる可能性があります。
※1 数値は千円未満を四捨五入しています。
※2 運営費には、火災保険料、会計事務委託料、ファンド事務委託料、営業者報酬、固定資産税(設備償却資産税)等の合計を記載しています。
※3 売上は保証されるものではありません。
※4 経費は現時点での概算となります。実際の金額とは差異が生じる可能性があります。

分配の方法

①営業者である合同会社再エネファンドAが太陽光発電設備を取得して発電事業をおこないます。
②売電収益から運用費用(※1)や必要な内部留保(※2)を控除した後の分配原資はすべて出資者に分配される仕組みです。(※3)(※4)
③累積した内部留保は営業者の判断により元本返還分配金として分配されます。

※1 運用費用には、火災保険料、事務管理委託費用、アセットマネジメント報酬、モニタリング報酬、発電所設備の運営管理費用、固定資産税(設備償却資産税)、減価償却費等がございます。
※2 設備が故障し、交換等の資本的支出が必要な場合に備えて内部留保を蓄えます。
※3 ファンドの仕組み上、利益のほぼ全額が出資者に分配されます。
※4 配当の時期や元本返済の時期、その金額等については個々の案件によって異なります。また、元本返済が確約されているものではありません。

分配シミュレーション

佐野市土地付き太陽光投資ファンド1号に2口100万円出資した場合の分配シミュレーション(※1)
※1 目標年間分配額は保証するものではありません。こちらは税及び振込手数料を引く前の計算です。
※2 1期目は機器の故障に備え、8期目、9期目はパワーコンディショナーの交換に備え、内部留保を見積もった結果、元本返還分配額が少なくなっております。
※3 18期目、19期目、20期目は減価償却費の減少が見込まれるため、元本返還分配額が少なくなっております。
※4 1期目の利益分配には、還付を受けた消費税の利益分配が含まれています。
※5 1期目の運用期間は7ヶ月となっております。

営業者情報

本匿名組合は営業者である合同会社再エネファンドAが事業を行います。営業者の概要は以下の通りです。
但し、合同会社再エネファンドAは、太陽光発電事業の運営、管理そのものに関しては、アセットマネジメント業者である株式会社エナジーリンクスに業務委託します。

営業者 合同会社再エネファンドA
代表社員 一般社団法人リニューアブルエナジーファイナンス 職務執行者 高松仁
本社所在地 〒106-0045 東京都港区麻布十番一丁目10番3号弁護士法人海星事務所内
事業内容 再生可能エネルギー事業、ファンドの組成・運営
職務執行者

高松仁

アセットマネジメント業者情報

アセットマネジメント業者 株式会社エナジーリンクス
代表者 田中 直行
本社所在地 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿一丁目8番11号スカイエビスビル6階
設立 2013年4月
資本金 1,000,000円
主要業務 太陽光設備等の再生可能エネルギーファンドに対する アレンジメント事業
アセットマネジメント業務 ① 太陽光発電設備の設置に関する業務
・太陽光発電施設開発事業者の選任,解任,変更,監督代行に関する意思決定及び実施の助言・支援・指導
・設備売買施設開発契約に従った施設開発事業者の管理・監督及び施設開発業務に関する指示

② 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(平成23年法律第108号)に基づく電力会社等との間の特定契約及び接続契約の締結に関する助言・支援・指導業務

③ 太陽光発電設備の運営・維持修繕等(以下,かかる業務を内容とする契約を「O&M契約」という。)に関する業務
・太陽光発電O&M設備販売業者の選任、解任、変更、監督代行に関する意思決定及び実施の助言・支援・指導
・O&M契約に従ったO&M設備販売業者の管理・監督及びO&M業務に関する必要な指示
・太陽光発電設備の運用管理・運転管理に関する業務(発電量監視, 障害時の復旧対応に関する業務を含む。)
・太陽光発電設備の整備・維持に関する業務(定期点検,並びに太 陽光パネルの洗浄・清掃、雑草対策、損害保険の加入、盗難侵入対 策その他サイト管理に関する業務を含む。)

④ 太陽光発電設備の地権者その他の者への処分方法の策定業務に係る助言・支援・指導及びその処分業務に係る助言・支援・指導業務

⑤ 運営管理業務
・本件業務に関する計画書及び報告書の作成並びに業務委託者への提出
・匿名組合員の利益に重大な影響を及ぼすとアセットマネジャーが判断する事実の業務委託者への適時報告

⑥ 事務代行業務
・設備売買施設開発契約及びO&M契約における業務委託者の事務代行

⑦ 以上の各業務に関する業務委託者への事務手続き及び関係者・関係行政庁との連絡、交渉並びに以上の各業務に付随する業務の助言・支援・指導業務
©太陽光投資ファンド【メガ発ファンド】.